工場の選び方を間違えないようにしよう!工場求人を選ぶときのポイント

通勤時間は短い方がいい

工場は住宅街から離れた場所に建設されている傾向が強いので、自分が住んでいる場所から工場までの距離が長いことも多いです。距離が遠すぎると、その分通勤時間は長くなるので注意が必要です。通勤時間が長いと通勤するだけで疲労が溜まることも多く、仕事が長続きしない可能性が高いと言えます。そうならないためにも通勤の距離が短い工場を選ぶのが重要です。電車通勤を行うのであれば、電車の乗り換えが必要ない場所にある工場を選ぶのが効果的だと言えます。仕事を長続きさせるためにも通勤時間は30分以内を目指すのが良いと考えられます。工場の求人には本社の住所が書かれていても、実際に働く工場の住所とは異なるケースもあります。自宅から近いのは本社で工場は遠いというケースも考えられるので、自分の勤務先となる工場の住所を調べておきましょう。

寮を用意してくれている工場を選ぼう

宿泊場所に困っている人は寮を用意してくれている工場を探すのも1つの方法です。寮が用意されている場合は住み込みで働くことになるため、住居の問題で困ることがありません。寮費や光熱費、水道代などの費用を会社が全額負担してくれる工場を選ぶのが良いと考えられます。会社によっては寮費や光熱費、水道代などの費用を給料から天引きしていることもあります。働き始めてから給料の少なさを知ってしまうのは良くないので、面接の段階で費用負担に関する質問はしておくのが良いと言えます。寮を用意してくれている工場を探す場合は、働く地域を限定しなくていいのが魅力的なポイントです。

日総工産は全国の工場系求人情報を扱う総合人材サービスの会社です。未経験者OK、寮完備など利用者にとって満足度の高い案件も多数あります。