転職での仕事の選び方は?経験と将来性を意識しよう

経験を活かせる仕事だとメリットが多い

転職の仕事探しでは、出来る限り今までの経験を活かせる仕事を選びます。例えば、看護師の経験があれば転職先でも看護のスキルを活かす事ができる医療施設やクリニックなどの求人に応募します。自分の経験を活かせる仕事だと、まず面接で自分の良さをアピールできますよね。中途採用では、経験があると高評価をもらいやすく資格よりも大きなアピールポイントです。その結果、採用される可能性が高くなり転職先がなかなか見つからないという状況になりにくいです。

次に、経験を活かせる仕事だと研修期間のうちにしっかり仕事を覚えて即戦力として活躍できます。初めての仕事だと、どうしても仕事に慣れるのに時間が必要なので経験が活かせるというのはかなり大きいです。

将来性があり長く続けられる所に転職

転職の仕事探しでは、将来性に注目して求人に応募します。例えば、急成長をしている会社だと将来的に従業員の待遇面が良くなる可能性があります。また、成長している会社は仕事の量も多くなり新しい事にチャレンジできますよね。つまり、自分のスキルが向上して自分自身が成長できます。しかし、転職したけど長く続けられなかった場合はまた他の仕事を探す必要があり、何度も転職を繰り返していると面接官にその点を指摘されます。

何度か転職することによって、新しい経験はできるかもしれませんが、面接では少し不利になる場合もあるので、自分が長く続けられる会社に転職するのが理想です。また、経営が長く安定している会社も将来性があります。

utエイムとは、人材派遣や請負事業、外国人受入れ支援事業を行っている会社です。特に外国人実習生の支援には力を入れており、日本語教育や実習の支援だけでなく日常生活の支援や帰国後の就職支援まで行っています。