警備員の仕事はいい事も大変なことも多い!メリットデメリットを紹介

警備員の仕事のメリットは?

警備員の仕事のメリットとしてまず挙げられるのが、仕事内容がほかの仕事と比較するとシンプルであることです。警備員の仕事は決して簡単ではありませんが、ルーティンワークなので特別なスキルが求められておらず、慣れてしまえば同じことを繰り返すだけなので非常にシンプルな内容となっています。その分仕事そのものは地味だと感じられることもありますが、忍耐力や集中力さえあれば性別や年齢問わず仕事が可能です。このように年齢や性別に関係なく仕事ができるところもメリットですし、警備員の仕事は比較的人手不足とされているため、働きたいだけ働いて稼ぎたいだけ稼げるというメリットもあります。

ほかにも屋外の警備員は天候や状況次第で予定より早く終わったり、施設警備は冷暖房の効いた環境の良いところで仕事ができるなど、警備の内容によるメリットもいくつか見受けられます。

警備員の仕事のデメリット

ルーティンワークで特別なスキルが求められていない警備員の仕事は、言い換えればスキルを身につけることができない単純作業の仕事という事になります。そのため仕事でスキルを身につけたいと考えている人にとっては、デメリットになります。また単純作業に飽きやすいという人にとっても警備員の仕事はデメリットと感じることがあるため、できる限り単純作業やルーティンワークを好む人向けの職業となっています。ほかには警備員は職業の性質上クレームを受けることが多いというデメリットもあります。

クレームの中には厳しい言葉や言いがかりのようなものもあるので、適切に対応できる能力を身につけたり自己メンタルケアを意識することが大切です。

警備員の求人は未経験や無資格でも応募が可能です。警備業法により未成年は応募不可ですが、18歳以上であれば年齢に関係なく働くことができます。