役員運転手に求められるものとは?運転を仕事にするということ


役員運転手の仕事内容は?

ドラマや映画では、会社の社長などが車で送迎されるシーンが描かれることがありますよね。その車を運転している人の職名は役員運転手と言って、ドライバー業務の中の一つとなります。お抱え運転手とも称されますが、専属の運転手として求められるものは多く、やりがいもある仕事です。役員運転手には安全に、そして確実に利用者を目的地へと運ぶ運転技術や移動範囲の地理、コミュニケーション能力や守秘義務などが必要で、ビジネスマナーも求められます。なお、基本的に送迎以外の時間は待機となりますが、車内を掃除したり、利用者の乗降時にはドアサービスをするなどの業務を行うこともあります。また、利用者が目上や上役の方が多いため、言葉遣いがきちんとできる方に向いている仕事と言えます。

どうすれば役員運転手になれるの?

役員運転手になるには、求人サイトや転職サイトの利用、派遣サービス会社への登録などの方法があります。しかし、他の職種と比べて求人数が少ないので、役員運転手の募集を探す時は求人を見逃さないようにチェックをすることが大切です。なお、求人には運転歴の長い方や40代以降の方が役員運転手として求められる傾向があります。また、安全運転は勿論ですが、利用者が不快な思いをしないように真摯な対応を心掛ける、時間に余裕を以て任務に当たるなど、気を使うシーンも多い役員運転手ですが、高級車を運転することができるというメリットもありますので、興味のある方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

運転手の派遣は、車の運転が好きな方、運転に自信がある方などが利用しています。人の役に立つのは間違いありません。